« ひどすぎた「フリージング」。 | トップページ | 再び、マジアカ上級賢者への道。 »

結局のところ韓国人は・・・。&「黒神」評論。

録りためたアニメを観た評価の第二弾。
「黒神 The Animation」について感想を述べたいと思います。

「フリージング」が最悪だとすれば、この作品はとても悪いというところでした。

まず、「Fate/stay night」と「灼眼のシャナ」がとてもカブってきました。
原作は「フリージング」と同じ韓国人作家。
韓国人はどうして平気でパクるんでしょうか。
しかも、パクってもオリジナルには遠く及ばない劣化品。
それで作品として世に出すんだから、プライド高い人種のくせにセコいですね。

では、解説していきます。
以降は内容に触れますので、ネタバレとなります。

世界観は、「ドッペルライナーシステム」が軸になります。
このシステムだけは新しくて良かったです。
ここだけは評価しますね。

世の中には自分に似た人間が3人いる。
自分に似た人間に出会うと、生まれ持った運の悪い人間は死に、運の強い人間
に死んだ人間の運が吸収される。
サブの二人の運を吸収した運の強い人間はマスタールートとなり、強運を発揮し
て人々を牽引するほどの人間になれる。

ルートとサブの出会いが大量に起きないよう、元神霊(もとつみたま)という人な
らざる存在がいて、元神霊は人間と心臓を交換することでパワーアップする。
シンクロと呼ばれる同調で能力向上、イクシードという必殺技を撃てるようになる。

メインヒロインである元神霊・クロの兄が一族を虐殺し、その兄を倒すためにクロ
は人間界へやってきた。
そして主人公・慶太と出会い、さまざまな敵と戦いながら兄を探す。

まぁ、こんなストーリーです。

この韓国人作家は日本のマンガやライトノベルを読んで勉強、、というかパクった
んでしょうね。
なんか色々な作品の影響が随所に感じられました。

シリーズ構成は吉田玲子さん。
実力のある脚本家さんですから、原作よりも面白くなっていると思います。
原作は知りませんが、レビューによると微妙な作品らしいです。
読む気はしません。

舞台は日本なのに、日本らしさを感じません。
架空の街ではなさそうです。
設定も現代ですが、日本ぽくありません。

ヒロインは毎回、顔面を何度も殴られます。
戦う美少女モノが得意の原作者のようですが、戦う美少女モノであれば顔面殴打
をどれだけしてもいいとは思いません。
韓国人は紳士のようにドラマとかで描かれてますが、本質はこんなものですね。
女性への暴行を気にしない民族のようです。

日本語をよく理解していないせいか、ただ浅はかなのか。
「元神霊(もとつみたま)」なのに、必殺技は「イクシード」。
「真神(まさがみ)」がかけた呪いは「ドッペルライナー」。
「元神霊」の力を与えられた人間は「トライバルエンド」。
何なんですか?この統一感のなさは。

主人公の慶太は力の弱いサブであり、元神霊とシンクロしてテラを供給しすぎると、
寿命を縮めてしまう設定です。
アニメでは、ルートである人間と出会い命を落としますが、力の源テラをクロと循環
させることで生き永らえます。

このテラ循環、矛盾してやしませんか?
元神霊に力(テラ)を供給するのが、元神霊と契約した人間の役割。
だとすれば、テラを循環させたところで、元神霊が強くなるのがおかしいです。
増えることはなく、減り続けているだけなのに、なんでパワーアップできるの?
おかしいでしょ。

ヒロイン・クロの必殺技も、「メガエグゼ」→「ギガエグゼ」→「テラエグゼ」。
まるでパワーアップしていくのが分かってたかのようなセンスないネーミング。
他の元神霊の必殺技もネーミングセンスはゼロです。

そしてメインである戦闘。
まず、クロは弱いです。
いつもやられてあわや・・・というところで、シンクロしてイクシード撃って勝ちます。
いつも逆転。
展開が見え見えすぎてすぐに飽きました。

元神霊の戦いは、ずっと同じ技を連発するだけ。
何のひねりもなく、ただイクシード撃つだけです。
そしてクロは、慶太とのシンクロを高めてイクシード撃って最後は勝ちます。

テラの薄いサブである慶太とシンクロしたのに、テラの強さでマスタールートを
上回る。
テラ循環してテラが増えることないのに、どんどん強くなっていく。
まっったく意味不明です。

ストーリーもお粗末で、どこかが何かの作品とカブっているから、展開が読める。
読んだとおりの展開にしかならず、「そうきたか」と思ったコトが一度もない。
敵である兄も結局は妹想いのいい人で、意外性も何もなかったです。

最終ボスの真神も、どこかで見たような展開。
最後の最後まで、面白くも何ともないつまらない作品でした。

原作は本当にパクリだらけのつまらない作品でしょう。
製作陣はよく頑張ったと思います。
作画だけは一流アニメだったと思います。
声優陣も頑張っていたと思います。
それゆえに、原作のつまらなさが浮き彫りになったというところでしょうか。

日本のものをすぐに盗んで、オリジナルであるという韓国人。
しかし所詮はニセモノ。
オリジナルには絶対に勝てません。

韓流だのK-POPだのと日本人は浮かれてますが、日本を敵国として教育され、
日本に何の恩恵ももたらさない韓国人が原作のアニメを製作する自体が間違い
です。

「冬のソナタ」や「天国の階段」は面白かったですが、どれも結局同じパターンで、
次から次へと沸いて出る不幸に抗う主人公。
展開が変わらず、登場人物が違うだけのくだらないものばかりです。

漫画がマンファ? 柔道がユードー? 
挙句の果てにサムライまでもが韓国オリジナルだとほざく始末。

韓国の歴史ドラマで派手な民族衣装を着ていますが、染料が貴重だった時代に
派手な衣装を着てたのは王族ぐらいなものです。
日本が韓国を支配下に置いたときにもたらされた染料。
なのに、歴史ドラマでは豊富な染料。
韓国人は歴史を歪めるのが得意ですからね。

日本の支配下にあったときに空手や柔道が伝授されました。
なのに、空手や柔道は韓国発祥というデマを流しています。
日本刀も韓国発祥ですって。
サムライの格好が民族衣装だったことなんて一度もなかったのに、サムライの
衣装でオリジナルだと吹聴しています。

結局、韓国人はニセモノなんですよ。
日本を食い物にして、影では日本を非難している人種です。
韓国はマンファ(漫画)に力を注いでいるようですが、結局は全部パクリです。
一流のプライドと、国によって歪められた思想、人のものを盗む泥棒です。

「フリージング」と「黒神」で思い知りました。
韓国は敵なのだと。
わたしの考えは、ちょっとやそっとじゃ揺らぎませんよ。

日本のアニメは世界一!
日本のマンガやライトノベルは世界一!
簡単に追い抜けない実力差を思い知るがいい!って感じですね。

韓国勢が入り込めないような高品質の作品を作り出せる国でありますように。

ブレない理念を持った真の政治家の出現を願います。
とにかく、日本の政治家が最悪なんです。
だから韓国に食い物にされるんです。
柔軟すぎる人種というのも考え物ですね。

強い外交のできる首相の誕生を願う りこ でした。

坂本竜馬みたいな政治家ばかりを集めた党ができないかな。
民主も自民も結局ダメです。
絶対に韓国や中国に食い物にされるのを阻止しなければ。
韓流に浮かれてる場合じゃないですよ、世の女子諸君!!!


|

« ひどすぎた「フリージング」。 | トップページ | 再び、マジアカ上級賢者への道。 »

「☆りこ日記☆」カテゴリの記事

コメント

 フリージングと黒神の韓国人作家さん。
文法をよく間違えてデザイナーさん達に直してもらってたとか。
そんなことがウィキペディアに書いてありましたね。
小説家なのに、文法間違うって駄目なんじゃぁ・・・。

 韓流というと、某テレビ局の偏向放送の抗議デモを思い出しますね。
午後2時から5時ぐらい?まで韓国のドラマやってましたが、それらに対するデモだったらしいです。何故か、日本語吹き替えになってるのに日本語字幕が出てた不思議な韓国ドラマwあれから、改善?されて今は一本しか放送してないみたいです。
 「冬のソナタ」「天国の階段」等の韓国ドラマの不幸って必ず、交通事故、失明、記憶喪失が入ってますよねw
そんなに見ない私ですら分かるという。

 近頃、テレビをつけるとK-POPがやたらながれてますね。妙な場面で流れたりして違和感を感じたりしてますよ。
KARAとか少女時代とか。未だ、どっちがどっちだか分からなかったりしますが(汗
東方神起を見るたび「武装神姫」を思い出しw某テレビ局の韓流ごり押しがちょっとウザく感じます(汗

投稿: カナーる | 2011年10月 9日 (日) 午後 10時29分

>カナーるさん

こんにちは。
コメントありがとうございます☆

韓流ブーム自体はただのブームですから、いつかは廃れるものだと思いますが、日本人は人の悪いところを見なさすぎなところがあるのか、寛容なのか、日本を食いつぶしている国に対して甘すぎますね。

中国しかり韓国しかり、もっと厳しい目で見てほしいと思うんですけど、国民性なんですかねぇ。

わたしも韓国ドラマは数本見ましたが、どれもパターンが同じで。。。
展開が読めすぎるのは本当に面白くなかったです。
いや、「冬のソナタ」は良かったですけどね。

K-POPなんか聴く気も起きません。
って言うか、次から次へと日本デビューして、誰が誰やら分からないです。。
名前と顔が一致する人が一人もいないですよ。

韓国人が原作のアニメは作らないでほしいですね。
パクリばかりで見ていて気分が悪くなります。
やっぱりアニメは日本が世界一。
永遠に譲らないプライドであってほしいと思います。

コメントありがとうございました。

投稿: りこP | 2011年10月17日 (月) 午後 03時47分

書いてる人が誰であろうと、気にしないタイプ
面白ければいい。
うーん 黒神は面白いと思うんだけどなぁ

投稿: 名無し | 2013年9月15日 (日) 午前 09時22分

主人公の不自然なまでの猜疑心の強さと、感情をところ構わずブチ撒ける描写、毎回女の子の顔面殴打などなど、日本人との違和感が凄すぎて・・・

調べてみたらやっぱり韓国発ですな。

投稿: | 2017年3月19日 (日) 午後 06時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひどすぎた「フリージング」。 | トップページ | 再び、マジアカ上級賢者への道。 »