« 2012年6月 | トップページ | 2013年7月 »

鴨川へ行ってきました。

Photo

親の仕事の懇親会とやらで、急きょ鴨川に宿泊する
コトになった17日。

当日の昼にそれが決まり、15時半には出発でした。

目標はホテル三日月。
千葉県では一流のランクに入るホテルでしょう。
民放でCMもやっていますしね。

わたしは初めて泊まるので、期待がたくさんありました。
まず懇親会ですが、これはただお食事をするだけで、ほかになにもして
いません。
知らない人ばっかりですからね。
食べて飲んで、それだけです。

ものすごく暑くて、途中で気持ち悪くなってしまい退席。
それからホテル内と近くの海を散策しました。

ホテルのロビーには、「輪廻のラグランジェ」第2期のポスターが。
フロントの人に訊いてみました。

「輪廻のラグランジェ」の効果はどうですか---?

フロントの人は答えました。

「アニメが始まったときはすごく盛り上がりましたが、鴨川鴨川言ってる
わりに、ぜんぜん鴨川が出てこないので、あまり効果はないですね。
いま観てる人も少ないんじゃないでしょうか」

気持ちは分かります。
期待が高すぎたのでしょうね。

でも、「らき☆すた」とか、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」とか、
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」とか、ご当地アニメが
多い昨今、あんなに地名を連呼する作品はないですヨ?

確かに鴨川には、観光スポットが多々ありますが、観光アニメではない
のです。
ちゃんと観光スポットを出しながら、鴨川を連呼してくれるだけで十分だ
と思いますが?

ロボットアニメで観光アニメになるコトを期待してしまったのは、アニメの
コトをよく知らない大人の人たち。
ご当地アニメの底力を知ってれば、ご当地が盛り上がってないコトがい
けないコトぐらい分かるはずなんですけどね。

「あの花」のご当地・秩父では、放映が終わってもまだ盛り上がっている
といいます。
ご当地の人々は作品への愛を持ってて、聖地巡礼が楽しいそうです。

「ラグランジェ」だってたくさんの名所を出しています。
すごい宣伝してくれてると思うのに、ご当地が冷めてて非常に残念です。
ホテル三日月だって、ポスターとサンドクッキーだけですもん。
せっかく作品にしてくれたのに、ご当地が冷ややかでどうしますか。

もっとも、作品的に少し微妙かもですが、日本全国津々浦々、観光名所
は多数あるなかで、鴨川を舞台にしてくれて、鴨川の名前を至るところに
出してくれてるのです。
もっと盛り上がっててほしかったですね。

結局、アニメになろうが、ドラマになろうが、映画になろうが、ご当地が
どれだけ本気で作品とコラボしようという気があるかどうかだと思います。
「ラグランジェ」に関しては、その気持ちが足りないとしか思えない。
鴨川の街を車で走っても、「ラグランジェ」の「ラ」の字も出ませんからね。
あれでは聖地巡礼も楽しくありませんよ。

「輪廻のラグランジェ season2」が始まったばかり。
鴨川の人たちには、もっと本気で集客する努力をしてほしいですね。

帰り際、唯一売っていた「ラグランジェ」のサンドクッキーを買いました。
鴨川エナジーもあってほしかったですが、実在しないようでした。
鴨川エナジーを作るぐらいの気概が欲しかったです。

ホテル三日月の朝食バイキングは最高でした。
お部屋もオーシャンビューで、とても良いお泊りになりました。
「ラグランジェ」とのコラボ具合だけが、非常に残念でした。
ホテルには満足できました。

鴨川には良いところがたくさんあると思います。
「ラグランジェ」を利用して、観光地として成功するか否かは作品への愛
ですよ。
まだ遅くないので、がんばってほしいと思いました。

愛が足りない。
変に期待しすぎ。
残念でした。

個人的に「輪廻のラグランジェ」は面白いと思っている りこ でした。
散策中とか、お部屋内とか、ずっと歌っていました。

「ジャージの女の子 何か持ってる~~♪」

京乃まどかのねんどろいども発売されます。
「まるっ!」とアピールしてほしいですね。

がんばれ鴨川!!

| | コメント (2)

「僕は友達が少ない」の羽瀬川兄妹。

放映終了後すぐに全話見て、とても面白く思った「僕は友達が少ない」。

先月末から、PSPゲーム「僕は友達が少ないぽーたぶる」をプレイ。
プレイ後、2~3話アニメを繰り返し観ています。

「僕は友達が少ないぽーたぶる」は、全エンディング全CG制覇したので終わり
ましたが、現在、特典の「きらめきスクールライフSP」を遊んでいます。

ぬるぬる動く立ち絵がすごく良かった「僕は友達が少ないぽーたぶる」。
ぬるぬる動くくせに、すごく絵がきれいで、アニメの何倍もキャラがかわいい。
ストーリーも、それぞれのキャラの個性が出ていて良かったです。

もっとも、各キャラのルートに行く前に共通編と呼ばれるルートがあり、それが
全編の半分を占めているため、お話がとても短く感じました。
ボリュームとしては、13ものエンディングがあるわりに物足りなく思います。

「きらめきスクールライフSP」のボリュームを本編に盛り込めば、やり応えが
あった気がします。
そのぶん絵がきれい、という感じですが、シナリオも引き込まれるテンポが
なかったため、☆4つというところでしょうか。

それにしても、アニメを観て、ゲームやって、アニメを観て、羽瀬川兄妹への
気持ちの高ぶりが止まりません。

初めてアニメを観たときから、妹の小鳩萌えがとどまるところを知らず、
萌え萌えキュン♪って感じです。
いろいろグッズを集めたいのですが、フィギュアは良いのが出ていなくて、
買うのはやめました。
今後アルターあたりから小鳩が出ないかと、期待を募らせています。

いま狙っているのは、ストラップフィギュアの小鳩ですかね。
オークションにも出てなくて、見つけるのは困難そうです。
見つけたら即買いですね!

イタ可愛い小鳩は、わたしの好きな女性キャラランキング2位になってます。
1位に迫るイタ可愛さ。
「僕は友達が少ない」第2期がやるのなら、順位は入れ替わるかもです。

そして、わたしの好きな男性キャラ1位に躍り出たのは、兄・羽瀬川小鷹。
顔、声、性格、しゃべりかた、強いとこ、弱いとこ、残念なとこ・・・。
やばいです、理想のキャラきました。。。
どこを取っても好みです。

こんなに好きで目が離せなくなった男性キャラはいません。
見ててドキドキするぐらいです。(笑)
顔と口調、もちろん声も、、が好きなんでしょうね。
木村良平さんという声優さんですが、「東のエデン」の滝沢くんも好きでした。
好きな男性声優1位にも輝きましたね、これは。うんうん。

理想の男性キャラ・小鷹と、萌えが止まらない妹・小鳩。
この兄妹の破壊力は、わたしのハートを鷲掴みで困ってます。

アニメ「僕は友達が少ない」を何度観たか分からないほど観ていますが、
まだまだ観たい、もっと観たい。

もしかすると、わたしの好きなアニメランキングでも1位を取ったカモ。
隣人部の全員が好きですからね。
最強アニメになったような気がしてなりません。

第2期をやるかは未定ですが、ラノベの「僕は友達が少ない」を読むです。
ラノベは読んだコトがないので、初めて手を出すコトになりますね。
本屋さんに行くのが楽しみです♪

とりあえず今夜も「きらめきスクールライフSP」やって、アニメを観る。
「僕は友達が少ない」にどっぷり漬かってしまった りこ でした。

完璧なキャラより、残念なキャラが好きなんです。
残念最高っっ!!♪

| | コメント (2)

« 2012年6月 | トップページ | 2013年7月 »